NLP-work

NLPを取り入れることで仕事にどのような効果があるのか?

NLPと仕事との相性は良いとよく言われます。なぜなら、NLPを取り入れることで、仕事に対する思いや姿勢が変わり、その影響が仕事に結びついてくるからです。

例えば:

・今までなかなか思わしくなかった営業成績が伸びて、トップセールスをとれた
・苦手だったプレゼンが通ってプロジェクトが受注できた
・急いで作った資料が思いのほか好評で、客先から指名されたなど

ここに挙げたものはほんの一例ですが、多くの効果を期待できます。
NLPはどんな職業の人でも、取り入れることで結果に結びつくようにパターン化され、まとめられている実践的な心理技法です。仕事に、NLPを取り入れることによって望む結果を出せるのです。単なる仕事術というよりは、スムーズに 結果を出すために、或いは、楽しんで仕事をして結果を導くためにNLPを仕事に取り入れる、と言った方 がわかりやすいかと思います。

仕事のやり方は人それぞれです。やり方はどれが良い悪いということはなく、あなたの普段の仕事の進め方にNLPをプラスするだけです。
NLPはコミュニケーション心理学とも言われていますので、対話を通じて信頼を得る仕事では大きな効果をもたらします。仕事をする上で、人と関わることがないという人は殆どいませんよね。だからこそ、営業や事務、技術など、様々な仕事に活用でき、報告書の作成や商談、セミナー、打ち合わせなどにNLPを取り入れることで、ムダな時間を省きつつ効果的に結果を出せるようになるのです。

コミュニケーションが円滑になり、伝えたいことが伝わるようになる事で仕事を進めやすくなります。そして、それだけではなく、今よりもっと仕事が楽しくなり、ついついどんどん進めてしまうかもしれません。楽しくなると、多少きついことがあっても乗り越えやすくなり、もしかするときつい状況を楽しめる自分自身になってるかもしれません。NLPを取り入れることで、無理なく自然な流れで効果を出すことができるのです。

仕事に必要な行動パターンが自然と身につく

そしてもう一つ、仕事にNLPを取り入れることで、仕事に必要な行動パターンを身につける、或いは不要な行動パターンを手放すことが出来ます。それにより無理なく行動に移すことが出来るようになり、更にそれに伴い自信が付いてきます。成功体験が積み重なる事でちょっとしたことは気にならなくなり、多少の失敗と思われるようなことがあっても、それをエネルギーに変えていけるほどのバイタリティーを持てるような自分になったことに気づくと思います。そのような自分自身になると、不必要な物怖じをせず、行動し、何かあれば改善を加えて、更に前進していけるようになります。そして、結果を出しながらどんどん成長していけるのです。
仕事に必要な行動パターンを手に入れ、不要な行動パターンを手放すことであなたは更に結果の出せる仕事ができるようになります。必要な行動パターンを手に入れるという事は再現性があり、部下や後輩、周りから大きな信頼を得ることにもつながっていきます。

“言行一致”とよく言いますが、言葉として発した事を行動する事はとても大事なことです。
また、行動に移すことによって人は何かしらの結果を得ることができます。たとえ失敗したとしても、次に向けた修正の材料を得ることが出来ることで、また再び走り始めることができます。そして次うまくいけば、さらに仕事の加速が増し、仕事が回り始めるようになるでしょう。

NLPを仕事に取り入れることにより、成功する角度はどんどん上がるはずです。結果が出るための手助けをしてくれるのがNLPなのです。結果を出すための行動パターンが手に入れば、それを繰り返し、状況に応じパターンを修正し、手放すことが出来るようになれば仕事で結果を出せる確率はどんどんと高まります。だからこそ、NLPは意味があるのです。
work

「リーダーとなるためには、行動によって仲間から尊敬を集めなければならない。 リーダーとなる人は、バスケットボールの練習であれ、営業会議であれ、家族との接し方であれ、 つねに言行一致を貫かなければならない。」 (マイケル・ジョーダン:米国バスケットボーラー)

HumnanrootsではNLPを通してコより深いコミュニケーションメソッドを体得していただけるNLPプラクティショナーコースをご用意しております。
コース紹介

NLPを体験して頂く2時間のセミナーも開催しております。
ビジネスに役立てたい、コミュニケーション力を高めたい方にお勧めです。
NLPセミナー

日常生活にNLPを活用して頂けるためのメソッドの無料資料をご提供しております。
ご興味ございましたらダウンロードしてみてください。
DL

(Visited 328 times, 1 visits today)