株式会社HUMAN ROOTS | 心理トレーニング・企業研修・カウンセリング・講演活動

佐藤名ゝ美様【ファイナンシャルコーチ】

全米NLP公認プラクティショナーコース受講

NLPプラクティショナー修了おめでとおうございます。色々な心理学の研修セミナーを受講され、学びを深めているというお話しを伺っていますが、今回弊社のNLPコースを受講されて、どの様な感想をお持ちですか?

NLPの受講は初めてではなく、初めて受講した時のような強烈な大転換のようなものがあったかというと、それはさすがにありませんでした。だからこそ受講時に、‟それは知ってる”“私はわかってる”という態度ではなく、‟どうやってまた新たな発見をするのか”‟何を探し出せるのか”‟何に出会えるのか”という事にしっかりアンテナを立てて受講しようという気持ちが強くありました。自分がどんな態度で受講するかによって、結局自分が損するか、得するか決まりますからね。そう思ってハングリーに取り組みました。その中で気付いた事は、少し前だったら、頭ではわかっていても出来ているとは言えなくて『あ~、またやっちゃった』と振り返って反省していたことが、ちょっとは出来るようになってきたかなという事を自覚できたことでしょうか。また、自分なりに解釈し、取り組んできたことを更に今回もっと深められました。

佐藤さんが表現された「深いところ」を具体的に教えていただけますか?

いっぱいあり過ぎて、具体的にと言われると困りますね・・・。それは何かのスキルに対してというより、例えばアウトカムやタイムラインなどで望ましい結果(目標)をたてた以上、「やらねばならぬ」という思い込みがあったと思うんですよね。じゃあ、やらなくていいのかというとそれはちょっと違っていて。最初に「目標はこれ」と設定したら、それに向かってもちろん真剣に取り組みます。そうしていると、途中で、初めのゴールがゴールじゃないことに気付くわけです。なので、そこから修正をかけてまた次のアウトカムに向かっていく。今のアウトカムが、実は次なるステップの踏み台になっていっていて、真剣に踏み台をつくるからこそ、また次が見えてくるということに気付くことができました。そういう部分は大きく深めたところかな。
リアルな話しですが、ホームページをリニューアルするというアウトカムをたてたのです。当初のスケジュールでは、現時点で出来上がっていなければいけないところなんですが、実際はまだ出来ていません(笑)。出来上がっていないからアウトカムは無駄だったのか?決して未達ということではなく、具体的な行動を起こし取り組んだことで、これも必要!あれも必要!こっちの方がいいなという欲が出てきて、最初に想定していたより、もっといい形で進んでいるという現実があります。アウトカムを立ててみる事が決して仮置きではなかったのだけれども、結果として仮置きになってもいいんだということですね。向かってみる事の価値というのは、なるほどねぇとすごく感じました。

他に何か気づいたことなどありますか?

日常生活に多々あるコミュニケーションにおける“承認”の重要性ですね。特に傾聴は、最初は一つのスキルとしてトライするけれど、実は全ての基本なんだという深さを思い知りました。それがないとあらゆるスキルが全く成り立たない。薄々気付いてはいましたが、やればやるほど根本的なところが問われ、やればやるほど突き付けられる。何かに取り組んで失敗したとしたら、それはテクニックではなく、根本のマインドの部分にズレがあるということだと思います。

実際、改めてその部分を思った出来事があったんですか?

人の話を聴くのって、相手が他人だと割とできるようにはなってきたけれど、身近な人になればなるほど未だに難しく感じます。私は、それを人との境界線の問題だと解釈していて、噛み砕くと「あなたはあなた、私は私」という感覚。最近も、娘と会話をする中でつい余計なアドバイスをしてしまい「今は聴いてもらう時間なの!その先のことは自分でちゃんと考えてるから言わんでいい。」って怒られました。頭ではわかっているから『またやっちゃった。そうだね』って、後になって反省はできるんですけど。未だにそんな事をやっているので、まだまだ切り離しが下手だなって思います。それが全て悪いわけではなく、一つの愛情の形ではあるのだけれど、同時に支配であるとも思います。「そこはそうじゃないでしょう」と反論するのは、相手に反発し線引きしているようでいて、実は境界線を越えて相手を自分に取り込もうとしている事だと。サラッと「そうなのね」と言えるのは、むしろ自分と相手を切り離せているから。相手を自分と同じ意見や気持ちに変えさせようとしなくていいので、人にイライラすることがなくなりますね。

コースや弊社に対して、改善点や要望などがあったら教えて下さい。

これからも、共に学んだ仲間とぜひぜひ繋がっていたいです。修了したのでさようならではなく、お互いがずっと高め合っていけるような体制を強く希望します。

お気軽にお問合わせください TEL 03-5537-6032 info@humanroots.jp

PAGETOP
Copyright © 株式会社HUMAN ROOTS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.