株式会社HUMAN ROOTS | 心理トレーニング・企業研修・カウンセリング・講演活動

清田哲生様【ピラティスセナ代表】

全米NLP協会認定 プラクティショナーコース受講

初めてお会いしたのはNLPの体験会でしたが、体験してみようと思われたきっかけは何ですか?

ピラティスの知識を高めるのは勿論ですが、それをお客様に伝える力が必要だなと感じ始めていた時に、何をしたらいいのだろう?ということを知人に話したところNLPというものがあるよと教えてもらい体験を受けました。

体験された後、NLPの認定コースを受講しようと思われた要因、或いは惹かれた部分は何でしたか?

伝える力を身につけたいというのが本来の目的だったのですが、それよりももっと根本的なことが習えるなというのを感じ、受講しようと思いました。

清田さんが思われた根本的なことについて具体的に教えて下さい。

コミュニケーションの根本的な部分というニュアンスですが、例えば、1+1=2だよ。と答えを教えてもらうのではなく、この計算はこうして、こうすると答えが出てくるよ。という風に、その解き方を教えてもらえるような印象を受けたので受講しようと決めました。

実際、受講し始めて何か変化したことなどはありますか?

そうですね。受講中はあまり変化を感じなかったのですが、受講が修了し暫くすると、徐々に身についてきたのか自分自身が人と接する時の感覚が変わってきました。初対面の人とは多少緊張するところがあったのですが、その緊張が今は殆どなくなってきている状態ですね。そして、人に対して興味が出てきというのは大きいと思います。

清田さんはピラティスのトレーナーをされていますが、人と接する時の感覚が変わることで、お客様に対する接し方や伝え方が変わったというのはご自身で感じていますか?

そうですね。NLPを受講する前は、ピラティスのいい知識をどれだけ吸収し、どれだけお客さんにためになることを出せるか、という事が一番でした。勿論それも大事ですけど、今の一番は、まずはお客さんと信頼関係を築くことです。信頼関係を築いてから、いい知識を伝えるという風に考え方が変わりました。そうすることで、話をよく聞いてもらえて、伝えたことを実践してもらえるようになってきました。

スタジオを経営されているので、以前から目標設定はされていたと思いますが、受講前と受講してからの違いはありますか?

目標の立て方や目標に向かっていく道順がより具体的になりました。NLPを受講して目標達成してきていますが、計算立てて結果が出たというより、自然と結果が出たという感じなんですよね。今回再受講でまた新たに目標を立てましたが、もっと行動計画を具体的にすると、自分の中では更にスピード感が増すかなとも思っています。

現在再受講中ですが、受講を始めた時のご自身と比較するとどの様な違いがありそうですか?

自分としては、もう一回確認するという思いで再受講しましたが、再受講でもまた、新しいものを感じることが出来ています。確認というより、学んだことに更に厚みを増していく、そして新しいものを吸収できています。考え方の引き出しのような、沢山のバリエーションが新しく増えている感じかなと思っています。そして、感覚的な部分に頼っているかなと思うので、再受講でしっかり噛み砕いて自分の中で一回理解をしたうえで行動できるようになれたらなと思っています。

お気軽にお問合わせください TEL 03-5537-6032 info@humanroots.jp

PAGETOP
Copyright © 株式会社HUMAN ROOTS All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.