7f0591e5f5656069cc3f759860710e38_s
秋らしく、日中も過ごしやすい日が1日1日と増える時期となりました。私たちは、Cafeなどで打合せなどをすることがありますが、気候がいいとテラス席で軟らかい日差しを受けながら打合せをすると、一段と会話が盛り上がったりします。先日、人との待ち合わせ時間まで本を読みながら時間を過ごしていると、隣の席にいる大学生らしき人たちの会話が耳に入ってきました。その内容から、就職活動についてお話をされているようでした。

物事の捉え方

その大学生らしきAさんとBさんの物事の捉え方が対照的で興味深かったのです。
Aさん「Bちゃん、就活のために何かしてる?私なにもしてなくって・・・」
Bさん「ディスカッションするようなゼミを取ってる。就活に有利かなと思って。」
Aさん「凄いね。私そんな授業とってないよ。」
Bさん「そっか。先輩がバイトしてる経験も就活でアピールできるから、アピールしたらいいよって言ってた。Aちゃん、バイトしてるからそこでしてる事とかアピールできるよ!」
Aさん「バイト、大したことしてないしね。ただ、注文受けて、それをお客さんに持っていくだけだよ。何もアピール出来ることないよ。」
Bさん「そんなことないんじゃない?色んなお客さんとか来るでしょ。その人たちとコミュニケーションとれるって凄くない?」
Aさん「そんなコミュニケーションとらないし・・・」

その後も、2人の会話は続いていましたが、AさんとBさんの違いわかりますか?就活に限らず、似たような状況ありますよね。

Bさんは、就職活動に対して、前向きで出来ることを見つけて行動している印象を受けました。そして、Aさんは、就職活動に対して、活動しなければいけないとはわかっているけれども、動けない。また、自分自身のよさや、いい環境に気づいていないような印象を受けました。

強みを見つける

あなたは自分の強みを知っていますか?
NLPでは、“強み”と似ているが、少し意味合いの異なる“リソース(資源)”という言葉を用いています。

“リソース(資源)”とは、目標を達成するために活用できるものです。『就職する』という目標達成にむけて、活用できるものです。リソースには、人(家族,友人・知人,仲間,職場の人・・・)、状況(未婚・既婚,学生,主婦,離婚している、フリーター・・・)、性別、性格(人なつこい、真面目、明るい、心配性、飽きっぽい、・・・)、資産(お金持ち、お金がない、車を持っている、○○資格を持っている・・・)、経験(スポーツをしていた,バイトをしていた,賞をもらった,失敗した,・・・)、興味・関心(○○好き、趣味、特技・・・)など、色々な有形のモノ、無形のコトがリソースとなりえます。また、一見ネガティブなモノやコトもリソースとなりえます。
それが何故かといいますと、心配性や飽きっぽいをネガティブと捉えているならば、その捉え方を変えるのです。心配性だから、いつも準備を重ねているならば、心配性にフォーカスするのではなく、いつも準備を出来るにフォーカスするのです。或いは、飽きっぽいという性格を別の視点から考えると、好奇心旺盛ともいえます。このように、ネガティブに捉えてしまっていたこともリソースへと変えて目標達成に活用できるのです。まずは、リソースを10個、20個・・・紙に書き出してみましょう!

nlp201610

リソースを意識する

いくつ、自分のリソースを書き出すことが出来ましたか? 就職するという目標を達成するために、どのリソースを活用出来そうですか?
例えば、就職するという目標達成のために活用出来そうなリソースが、「学生である。バイトをしている。人が苦手。真面目。人間観察が好き。・・・」だとした場合。人が苦手だけれども、就職するにはコミュニケーション力をアップした方がいいよね。と思うのであれば、接客のバイトをしていて、色々な人と触れ合う機会はあるので今までは避けていたけど、笑顔で声をかける様に心がけてみよう!とリソースを活用することができます。
是非、あなたの目標達成のために活用できるリソースを最大限に活用して下さい。

201610b

 『 同じ練習をしていても、何を感じながらやっているかで、ぜんぜん結果は違ってくるわけです。』(イチロー:メジャーリーガー)

日常生活にNLPを活用して頂けるためのメソッドの無料資料をご提供しております。
ご興味ございましたらダウンロードしてみてください。
DL

HumnanrootsではNLPを通してより深いコミュニケーションメソッドを体得していただけるNLPプラクティショナーコースをご用意しております。
コース紹介

(Visited 181 times, 1 visits today)