NLP 子供教育
秋になると、食欲の秋、スポーツ秋、読書の秋、勉学の秋などなど、色々な秋をあちらこちらで耳にしたり 目にすることが多くなります。暑さが和らぎ気候が良くなると、何か始めたくなるものかもしれません。そして“勉学の秋、学びの秋、読書の秋だから、勉強頑張ろう!本読んだら?”なんて子供に言いたくなるかもしれません。

ところで、子供に「勉強しなさい」 「もっと集中しなさい」 「じっとして勉強しなさい」 などと叱ったことはありませんか?
もし、叱ったことがある場合、その際どの様に勉強したらいいのか教えたことはありますか?

実は、子供のタイプに合わせた、勉強方法を見つけてあげることです。そうすると、勉強に集中してくれたり、楽しんでくれたり、その結果成績もよくなるなどいいこと尽くしです。
NLPを活用することで、子供のタイプを分析し、どのような勉強が最も適しているのかを把握することが出来ます。もちろん、タイプを分析することで、より深く子供のことを理解することができますので、勉強に限らず、様々な場面で応用をすることが出来ます。自分はこういう風に勉強したから、同じようにすればこの子も成功する・・・と思い込んでませんか?
一度下記のチェックポイントを確認してみましょう。

子供を観察する

まず、子供をしっかりと観察して、下記のチェックテストをしてみましょう。

◆タイプA◆
□ 部屋の模様替えやインテリアを変えるとすぐ気が付く
□ 景色を見るのが好き
□ 身だしなみに気を遣う
□ 音で気が散る事が少ないようだ
□ 髪を切ったり、新しい服を買うとすぐ気が付く

◆タイプB◆

□ 本を読むのが好きだ
□ 時計の音などで気が散るようだ
□ 独り言をよく言っている
□ 音楽を聴くことが好きだ
□ 人の言ったことをよく覚えている

◆タイプC◆
□ じっとしているのが苦手
□ 体が触れ合うことが好きなようだ
□ 毛布など手触りがいいものを触るのが好きだ
□ なんでもまず試してみようとする傾向がある
□ スポーツなど体を動かすのが好きなようだ

子供のタイプを分析する

どのタイプに一番☑チェックがつきましたか?

・タイプAが多かった場合は、見ることが得意なタイプです。
・タイプCが多かった場合は、聞くことが得意なタイプのお子さんです。
・タイプCが多かった場合は、触れることが得意なタイプのお子さんです。

タイプにあった勉強方法を見つけてあげる

見ることが得意なタイプ

・図やイラストが多い本や参考書を買ってあげる。
・暗記する場合は、壁など目につく所に貼って見て覚えることを勧める。

子どもの頃、私の家のトイレには日本地図が貼ってあったり、中学生になると英単語や歴史の年号を自分で貼ってました。なんで覚えられないんだろうと思ってましたが、母親が見るのが得意なタイプで、私は見るのが得意なタイプではなかったんですね。母親自身が勉強して覚えることが出来た経験からやってくれていたことだと思います。そして私がその方法を真似していたんですね。しかし、タイプが異なる私には合わなかっただけだったんだとNLPを学んで知ることが出来ました。
NLP子供勉強法

聞くことが得意なタイプ

・本を読むことが得意なので、文字での説明が多い本や参考書を買ってあげる。
・聞いて覚えるのが得意なので、リスニング教材で勉強することが一番合うタイプ。

学生時代、寝る前にリスニング教材を聞きながら寝て成績が上がったという友人に影響されリスニング 教材での勉強をやってみましたが、全く覚えることが出来きませんでした。なぜならば、3つのタイプの中で
私は聞くことが一番苦手だったのです。
NLP子供勉強法2

触れることが得意なタイプ

・まず、やってみることで理解する。
・記憶する時、何かをしながら覚えると覚えやすいタイプ。
・ゲームと計算問題を組み合わせ遊びながら計算させる。

社会人になり、本を読んで理解しようとしても難しく思うように進まなかった時、とりあえず実践させて もらいその後、本を読み返すと理解出来なかったことが出来た経験があります。それからは、まずやってみるという方法で理解が早くなりました。 そして、こんな話を聞いたことがあります。現役東大生に「どの様に受験勉強していましたか?」と、その東大生の答えは「歯磨きや髪を乾かしながら、単語を覚えたり、歴史の勉強したりしてました。机で勉強するより隙間時間で何かをしながら覚える方が覚えられるんです。」ということでした。
NLP子供勉強法3

自分がこうだったから、この子も同じようにする・・・という経験を元に子供を教育していくことも親としては重要な役割です。しかし、必ずしも誰もが同じではありません。あなたがしていた勉強法ではなく、是非、NLPを活用して子供をじっくりと観察、理解、分析してみて、本人にもっとも適した勉強法を見つけて教えてあげてください。

『子供には子供の言い分があり、言いなりにならないものだ。親はこの点を肝に銘じて振る舞わなければならない。子供たちは親の所有物でもペットでもない。』
(カルロス・ゴーン(ブラジル出身の実業家、ルノー・日産自動車CEO)

NLPを体験して頂く無料セミナーも開催しております。
ビジネスに役立てたい、コミュニケーション力を高めたい方にお勧めです。
NLPセミナー

日常生活にNLPを活用して頂けるためのメソッドの無料資料をご提供しております。
ご興味ございましたらダウンロードしてみてください。
DL

HumnanrootsではNLPを通してより深いコミュニケーションメソッドを体得していただけるNLPプラクティショナーコースをご用意しております。
コース紹介

(Visited 269 times, 1 visits today)