よく耳にするやせたい人の言葉

こんなことばを聞いたことありませんか?

「私、やせたくてダイエットしてるけど、全然やせないの。」
「やせたいなと思ってるけど、ついつい食べちゃって・・・。」
「やせたいんだけど、運動するのは気が進まなくて・・・。」

nlpを活用してやせる目標の達成に成功する方法をご紹介します。

“やせたい”人のパターン

あなたの周りの「やせたい」と言っている人のパターンを観察してみて下さい。或いは、もし「やせたい」が口癖になっていると思い当たった方は自分のパターンを思い出してみて下さい。 昨日も「やせたい」と言っていませんでしたか?そして、1週間前も。1カ月前も。もしかすると、1年前も・・・。そうなのです、「やせたい」と言っている人は、往々にしてずっと言い続けているものです。そして、そのパターンを変えない限り、やせることはなく、これかも言い続けるのです。

“やせたい”をやめる

NLPでは、アウトカムという目標設定をする技法があります。その中で言われている目標設定のポイントの一つが、“願望形で述べない”と、いうものです。願望形では、目標達成に向かう意志が弱く、行動に移すことが難しいのです。その結果として、立てた目標を達成できないことに繋がってしまいます。本当に、あなたに“やせる”意志があるのであれば、まずは、「やせたい」という言葉をやめることです。

“やせよう!”や“やせる”もやめる

やせよう!と思った瞬間、あなたの頭の中ではまず最初に何をイメージしましたか?

まず最初に思い浮かんだイメージは“今の自分の姿”ではないでしょうか。そして、その現在の姿をスリムにするかのように細くして、“理想の自分の姿”をイメージしたのではないですしょうか?「やせよう!」や「やせる!」という言葉には、最初に“今の自分の姿”をイメージさせてしまうマイナスの効果があるのです。
何故それが、マイナスの効果となってしまうのかですが・・・。「シワシワで赤い梅干しを想像してください。」イメージするとあなたにはどんな変化がありましたか?酸っぱそうで、ジワーっと唾液が出てきませんか?或いは、アゴの辺りの感覚が変わりませんか?「実は、その梅干しは甘い甘いハチミツで漬け込んだ特別な
梅干しなのです。」
ところで、唾液はどうなりましたか?アゴの感覚はどうなりましたか?急に、甘いと変えられても、最初のイメージの感覚が消えずに残っていませんか?それほど、最初にイメージしたことへの反応は強烈に残りやすいのです。そこで、やせるという事に関して、“今の自分の姿”のイメージが強烈にることは、今の姿から変わることが難しくなり、「やせよう!」や「やせる!」という言葉を使うことはマイナスの効果となってしまうのです。

イメージを上手に使える言葉を探す

イメージを上手に使うことが、“理想の姿”になるカギなのです。どの様な言葉や表現をすれば、あなたが望んでいた“理想の姿”をイメージすることが出来ますか?あなた自身が一番納得出来て、しっくりする言葉を探すのです。
 ・いつ体重計にのっても、50kg±1kgである
 ・9号のおしゃれなワンピースを着て、パーティーに行く
 ・スーツをスマートに着こなして、颯爽と仕事をする
 ・20代の時に着ていたお気に入りの服を着て、子どもの入学式に出る
                                           
あなたが、イメージを効果的に使うことが出来る表現や言葉は何ですか?

毎日、こうなりたいというイメージを頭のなかに描いている。でも強い相手と1試合すると、そうやって イメージする以上に明確になりたい自分の姿がはっきりと見えてくる。「こうなりたい」が、「こうでなければならない」に変わる。』

(本田圭佑:ACミラン所属 プロサッカー選手)

日常生活にNLPを活用して頂けるためのメソッドの無料資料をご提供しております。
ご興味ございましたらダウンロードしてみてください。
DL

HumnanrootsではNLPを通してより深いコミュニケーションメソッドを体得していただけるNLPプラクティショナーコースをご用意しております。
nlpコース

(Visited 110 times, 1 visits today)