今回のテーマは、「目標達成に活用できるリソース(資源)」についてです。

リソースと言われると、すぐに思い付くのは、「お金…人脈…会社…資格…社会的地位」などが挙がりやすいかもしれません。
このリソースについて、一度立ち止まり、しっかりと棚卸しができる力があるということは、目指す目標に着実に近づくためには、必須になります。

この機会にぜひ、今回の記事を参考にご自身のリソースを見つめてもらえればと思います。

それでは、本題に入っていきます。

リソースとは、端的に言えば「私たち自身が持っているモノ・コト」を指します。
それは、物理的に手に取ることができる(目に見える)モノもあれば、手に取ることができない(目に見えないモノ)もあります。

例えば…
目に見えるモノでいうと、
所有している物(お金・家・車・何らかの道具・アイテムなど)や資格が代表的かもしれません。他にも、自分が居る場所や所属先(会社・学校・チーム・団体)なども大きなリソースになります。

更には、“物”という括りには入りませんが…
家族、友人、同僚、上司、部下などの人脈は一番大切で強力なリソースとなります。

手に取ることができないモノでいうと…
これまで培ってきた知識・スキル・知恵などの能力は、とても大きな武器になるリソースですね。

そして、自分の性格(良いか悪いかという比較で捉えるのではなく、目標に向かうために活かせると認識することが大切)も目標達成には重要な要素になります。
この点は、“自分の特性をどう活かすか”を見つけるためにも把握することが必要ですね。

更に、これまであなたの経験してきたコト(部活動/試験勉強/結婚/就職/転職/成功/失敗など)は、“完全なるオリジナリティ”です。これだけは、他者が欲しいと願っても造り出せるコトではありません。

あなたが“生きてきた時間そのもの”がリソースなのです。

このような視点でリソースを棚卸しするからこそ、オリジナリティや突破口が見つかるのです。

何かの節目には、ぜひリソースの棚卸しをして自分自身や周りに存在してくれている環境について、捉え直す時間をとってみてはいかがでしょうか?

(Visited 36 times, 1 visits today)